特注品製造 新規製作なら足場専門通販Jマート

資機材の限界に挑戦!
足場全メーカー取扱のJマート
豊富な資材を業界最安水準でご提供|足場専門通販Jマート

0120-520-358

受付時間9:00〜17:00(土日祝は除く)

0120-520-351

営業日

2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
休業日

 
2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

 新規開発・受諾生産(OEM)のご案内


足場専門通販Jマートでは、様々な現場の必要に応えた製品開発を行って参りました。メーカーには高い技術力があり、現場には山積する課題があり、間をつなぐ存在になりたいと考えています。

国内外の提携先・メーカーとの間で長い時間を掛けて育んだ技術力、大規模修繕を中心とする現場経験から来る施工力。二つを組み合わせた複合的な提案力で、お客様の『こんなものがあったらいい』を具体化するお手伝いを致します。

  ご対応可能な製品等


・金属機材・部材(鉄・アルミ)の開発・製品化
・シート・ネット等の加工・製品化
・プラスティック・各種樹脂による補助材・緩衝材等の製造
・既存製品の特殊寸法等の開発・製造・注文
・使用に必要な強度試験、証明等の資料の準備。
・加工先のご紹介

 使用用途:建設現場、土木現場、物流業界他

  ご対応可能な内容


・製品仕様の策定、製造先の選定、品質の管理、需要や競合調査を承ります。
・販売計画の立案・販売、販売協力等の対応も可能です。
・製造に当たっては各種権利関係、法令が定める規格や、基準に関する調査も併せて行います。
・小ロットからの受諾が可能です。

  開発の流れ



※ 各種申請・調査等は別途実費がかかる場合がございます。
※ 打合せは対面、訪問の他、Zoom等各種サービスのご利用も可能です。
※ 取引にあたっては、弊社所定の取引基本契約の締結が必要となります。
※ 案件に応じて、秘密保持や業務提携に掛かる契約の締結を行う場合があります。
 (お客様規定の秘密保持等各種契約へのご対応も可能です)

  これまでの製品化事例


 簡易落下防止機材FZ2
 仮設メーカーとの共同開発

張出長2m、クランプ簡単取付の足場上からの落下物養生用の簡易機材です。取付が困難な狭小の現場などでも威力を発揮する簡単取付タイプです。従来、上支えタイプをラインナップしていましたが、FZ2は下支え型となり、上から吊られるより下から抑えたほうが強いの簡単メカニズムで、現場の安全を守っています
 伸縮ラダー
 タイプS(2〜4トン車用)タイプL(大型車用)
 海外提携工場との共同開発

法令改正によりトラック荷台の昇降にはしごが必要になりました。Jマートのはしご伸縮ラダーは現場での使いやすさを重視した仕様です。バタ角と荷物の間に入れられるよう、ぎりぎりまで厚みをなくした設計に、荷物の積載状況により変えられる2本の手掛り棒、平車のあおりが開いていてもあがっていても、本体フックをかけられるなど、随所に現場での使いやすさを最重視した仕様です
 チェーンブロック用防水カバーレッド
 提携先発案・縫製メーカーとの共同開発

現場でチェーンブロックを使っていると、よく故障する。修理の案件も大半が浸水による基盤故障によるもの。状況を調査すると、原因は現場で雨カバーが風でめくれたりズレたりして、水分の侵入を許している状況でした。それらを是正するために、作ったのがこの雨カバー。チェーンブロックEDM−24STのボディにジャストフィット、フック周辺部の隙間も、水分が侵入したとしても本体に侵入することなく、排水される設計としています
 ストロング6点吊りフック平行型・段違型
 国内製造メーカーとの共同開発

ホイスト荷揚げを行う場合、様々な器具を用いて荷揚げを行う方がいます。特に支柱や踏板等の長さがあるものを荷揚げをする時は、玉掛フックや独自改造のフックを使っている方がいました。この荷揚げ作業で使えるのが、ストロング6点吊りフックです。JIS規格の6ミリワイヤー、フックもしっかり強度のあるものを採用。独自改造のものよりも安全を担保したものとして、専用設計にしたものです
 自立型Fバッグ Mサイズ・Lサイズ
 樹脂・縫製メーカーとの開発案件

ホイスト荷揚げを行う際に、便利なNバッグを以前から販売していましたが、さらなる要望として短尺の部材を一度荷揚げできるバッグが欲しいとの要望をいただきました。Nバッグは600手すりをたくさん荷揚げする点では能力が十分ではなく、開発したのが畳めてきれいに入る自立式Fバッグです。2024年の法改正により足場の本足場仕様がスタンダードになる今だから、600手すりを大量に取り扱える自立式Fバッグが存在感を増しています。